小児がん患者会ネットワーク

スマホ非対応だったサイトをリニューアル。WordPressで制作、レスポンシブ対応しました。

説明

小児がん・AYAがん(思春期・若年成人)の経験者やその親が運営する患者家族会は、病院内・地域別・疾患別・遺族会など様々な形態があり、全国にたくさん存在しています。

小児がん患者会ネットワーク様はそれらの患者家族会を繋ぎ、情報交流や啓発活動などを行っていらっしゃる団体です。

今回はホームページのリニューアルをして、スマホに対応したデザインに変更。小児がんへの理解と支援のシンボルマークであるゴールドリボンからイメージカラーを選び、柔らかな配色にしました。

ホームページを持たない患者家族会も多くあるため、1団体につき1ページ設けて概要を掲載しています。

「リニューアル後は、『小児がん 患者会』で検索すると上位表示されるようになった」という嬉しいご報告もいただきました。

小児がん患者会ネットワーク

お客様の声

聖路加国際病院 小児病棟親の会「リンクス」様より

山崎さんはご自分も患者家族ということもあり、専門的な知識に基づきながらも、とても親身に、かつ的確なアドバイスを素人である患者会メンバーにくださって、何の不安もなくお任せすることができました。

また、私たちの意見や希望を取り入れながら、HP作成作業をしてくださいました。リンクスには、ホームページがありませんが、活動内容を紹介する欄があり、写真やロゴなども載せられて、とてもいい感じにアップされていて、メンバーにも見てもらいましたが、皆とても喜んでくれました。山崎さんにはとても感謝しております。


網膜芽細胞腫の家族の会「すくすく」様より

山崎さんは、小児がん患者会ネットワークに長く携わってくださっている事もあり、このネットワークの理念や活動を分かりやすいように視覚化してくださり、素晴らしいWebページを制作してくださいました。とても感謝しています。

Webページの制作依頼をすると、一般的には「小児がん患者会ネットワーク」に対して、堅い・落ち着いたイメージを持たれ、表現されるのではないかと思うのですが、明るい希望が感じられるイメージに仕上げていただき、私たちの想いにぴったりで、大変ありがたいです。

小児がんへの理解と支援のシンボルマークであるゴールドリボンからイメージカラーを選んでくださった事もさすが!と思います。柔らかな配色は、このWebページを訪れた病気を経験された方の心をほぐしてくれると感じます。おもちゃや花の写真は、疲れた心が癒されます。

当患者会は、Webページを開設して16年が経ちましたが、会の雰囲気をうまく表現することはなかなか難しく、さらに、分かりやすく、見やすく、情報を発信することの大変さを感じています。当会の運営メンバーからも、小児がん患者会ネットワークのWebページは、すごくおしゃれな雰囲気でとても素敵だと好評でした。

近年はブログやInstagramから患者会情報を探す若いママたちが増えてきているようなので、このようなセンスの良いWebページは今の時代に受け入れやすく、患者会を必要としている方に響くのではないかと感じています。

さらに、患者会情報を探す際に患者会のロゴやイメージ画像があるのは、とても分かりやすいです。こんなに多くの患者会がひとつになって活動されている事を改めて感じることができました。Webページを通して、小児がんの理解啓発や支援をしている各患者会へのエールが感じられ、私たちもがんばろうという前向きな気持ちになれました。

制作をお願いして本当に良かったです。感謝しています。ありがとうございました。

小児がん患者会ネットワーク
https://ssj-gan.net

PAGE TOP